TOP > 体験談 > K.Mさま
後房型フェイキックIOL(ICL)
K.Mさま

富山県高岡市在住 38歳

左眼/0.03 右眼/0.03
左眼/1.2 右眼/1.5
① 手術を受けたきっかけは何ですか?

約10年前に小沢眼科医院でLASIK手術を受けようと適応検査に来院しましたが、角膜厚が薄い為、LASIK手術ができないと言われました。
それでも、コンタクトレンズから解放されたい思いは強く、定期的に当院のHPを確認していました。
その後、LASIK手術の際に使用する機械が新しく導入されてことで、今までLASIKできないような、薄い角膜厚の場合でも手術ができる場合があると知り、2年前程に再度適応検査を受けました。
結果は、やはり角膜厚が薄く、LASIKの手術は難しいと言われました。
それでもなかなか近視矯正の手術をあきらめきれず、インターネットで他に方法はないか調べたりしているうちにICLの手術方法を知りました。
小沢眼科医院のHPにも、ICL手術について掲載されていたので、私でもICL手術ができるのではないかと思い、相談したのがきっかけです。

② 手術を受ける前に不安はありましたか?
不安は全くなくて、期待の方がいっぱいで早く手術を受けたいと気持ちが強かったです。
③ 実際、手術を受けての感想
コンタクトをしていた見え方よりもとてもクリアで、スッキリした見え方ですし、想像以上の見え方の良さに大変満足しています。
④ コンタクトやメガネの不便さはありましたか?
以前はハードコンタクトをしていましたが、レンズがくもったり、装用感も良くありませんでした。
また、眼精疲労からか、頭痛や肩こり、充血もひどく、ひどい時には吐き気も出てきたりして、仕事が出来ないくらいの症状の時もありました。そのためにコンタクトレンズを装用できないということがよくありました。
その後、 ソフトコンタクトに切り替えましたが、やはり頭痛などの症状は変わらず、さらに乾燥も感じるようになり、不便でしたね。コンタクトやメガネから開放されたい気持ちが、いつもありました。
⑤ 日常生活は快適になりましたか?
コンタクトをしていた時の不快な症状は全くなくなり、集中して仕事にも取り組むことが出来るようになって大変快適に過ごしています。
⑥ 趣味は?→手術を受けて趣味の面で変化はありましたか?
元々、週2回程空いた時間にプールに通っていましたが、コンタクトのままでは泳げないし、メガネでは潜る事も出来ず、水中も見えないので、あまり前向きにプールの時間を過ごせませんでした。
手術を受けてからは、その見にくさから開放され、より楽しくなりました。
⑦ 周りの反応は?
ほとんどコンタクトで過ごしていたので、周りの人には知らせずに手術を受けました。
⑧ 受けて良かった事は?
20年程、頭痛などの不快感に悩んでいましたが、手術後は本当になくなり、とても価値のある手術でした。金銭的な負担は大きかったですが、手術を受けて良かった満足感と嬉しさでいっぱいです。
⑨ これからチャレンジしたいことは?
今までは1人でプールに通っていましたが、これからは子供と一緒にプールを楽しんでいきたいと思います。
⑩ これからICL手術を受けようとする人へのアドバイスをお願い致します。
手術と言うと不安に思われる方がたくさんいらっしゃると思いますが、15分程の手術で、手術中や術後の痛みもなく、気楽に安心して受ける事が出来たので、皆さんにもその事を知ってもらいたいです。