TOP > 体験談 > 田中悦子さん

多焦点眼内レンズによる白内障・老眼手術

体験談

体験一覧に戻る

月刊北國アクタスで紹介されました。(文章・写真はアクタスより抜粋)

「パソコンの画面が見やすくなり、仕事がはかどります」

小学生時代と同じ視力に「輝き」も取り戻しました!

小沢眼科医院で多焦点眼内レンズの手術を受けた
田中悦子さん(61歳)=かほく市=

手術前
右目 0.02
左目 0.02

手術後(1ヶ月後)
右目 1.5(近方視 0.6)
左目 1.5(近方視 1.0)

夫に勧められ

田中さんは子育てを終えた40代半ばから夫・嘉憲さん(65歳)とスキーや釣り、旅行などの趣味生活を謳歌していた。夫婦で年10回以上スキーに出掛け、所有するボートを使って海釣りを楽しむ。釣り上げた魚を自慢の包丁「有次」で料理するのが何よりの楽しみだった。ところが、そんな充実した日々に近視と老眼が影を落とした。10代の時からメガネとコンタクトの生活を始めた田中さんは、老眼が気になり始めてから外で遠近両用コンタクト、自宅ではメガネと使い分けていた。とはいえ、コンタクトを使っても矯正視力はせいぜい0・7程度。しかも老眼が進行した50代半ばごろから、スキーに行くと陽が陰った途端、急に斜面のコブが見えなくなり、それが原因でしばしば転倒するようになった。幸いケガこそしなかったものの、斜面の状況が分からなければ大きな危険を伴う。手元がよく見えないため、料理の際、包丁で手を切ることも増えていた。 「夫婦で思う存分、趣味を楽しむために手術したらどうか」。妻の様子を見かねた嘉憲さんが勧めたのが多焦点眼内レンズ手術だった。

「女心」で決断

早速、多焦点眼内レンズ手術で多くの症例を手掛ける高岡市の小沢眼科医院に赴くと、検査後、小沢正康院長から「手術するかどうかはともかく、目の状態が悪いのでコンタクトを使うのはもう限界ですよ」と教えられた。
「長年、外ではコンタクトを使っていたこともあり、メガネ姿で人前に出るのにはかなり抵抗がありました。その場で手術を決心したのは『女心』からですね」手術を受けたのは昨年5月。時間は出入りや準備も含めて30分にも満たなかった。手術後すぐの廊下で、周囲の光景がメガネやコンタクトとは比べものにならないくらい明るく、鮮明に見えたことに感動した。 「メガネやコンタクトが不要だった子どものころを思い出しましたよ。そういえば昔はこんなふうに見えていたな、って」先ごろ行った定期検査では、ついに両眼とも1・5まで回復した。田中さんは40数年の時を経て、小学生時代と同じ視力を取り戻したのである。

化粧も楽しく

視力が回復したことで良かったことは数え切れない。朝起きて眠い目をこすりながらメガネを探すことも、コンタクトのトラブルで痛い思いをすることもない。コンタクトのケア用品を持ち歩かず、大好きな旅行に行けるのも快適だった。けれど、何よりもうれしかったのは手術後、嘉憲さんからかけられた「輝いているよ」の一言だったという。 「私には『輝いている』という言葉が『きれいに見える』と聞こえました(笑)。実をいうと、以前は鏡に写る自分がよく見えなかったので、おざなりに化粧していたんです。でも目が良くなって、化粧が楽しくなった。輝いて見えたのはそのせいかもしれませんね」と声を弾ませる田中さんは嘉憲さんから手術を勧められた時、「専業主婦の自分には高価な手術はとんでもない」と思ったのだそうだ。しかし、いまは違う。「世界がよく見えるようになると、心や体の細胞まで若返るんです。人生観まで変わることを思えば、手術費用なんて安いものです。コンタクト代を考えれば、数年で元が取れますし 「目が悪いので仕方がない」とあきらめている人は一度、多焦点眼内レンズ手術を検討してみてはいかがか。

夫婦で毎年、北海道にスキーを楽しむ。今年の冬も存分に満喫するつもりだ

釣り上げた魚を自慢の包丁「有次」でさばく。いまは小骨までハッキリ見える