TOP > 費用

多焦点眼内レンズによる白内障・老眼手術

「選定療養」について

多焦点眼内レンズに係る選定療養の新設
「選定療養」で多焦点眼内レンズを用いた
白内障手術がおこなえるようになりました。
患者のニーズが相当程度あることを踏まえ、白内障に対する水晶体再建に使用する「眼鏡装用率の軽減効果」を一体不可分として有する多焦点眼内レンズの支給を新たに選定療養に位置付け、水晶体再建に係る療養費に相当する部分について保険給付の対象となります。
多焦点眼内レンズについて
  • 白内障に対する水晶体再建術では、通常、単焦点眼内レンズが使用され、
    遠方又は近方のみの焦点となるため眼鏡が必要となる
  • 多焦点眼内レンズを使用した場合、その多焦点機構により遠方及び近方の視力回復が可能となり、
    それに伴い眼鏡装用率が軽減される
レンズの費用
下記の種類の多焦点眼内レンズ手術をされる場合、
下記のレンズ代+保険診療の手術費用を合わせた金額となります。(選定療養)
PanOptix 両眼 412,500円
PanOptix乱視用 両眼 456,500円
ActiveFocus 両眼 280,500円
ActiveFocus乱視用 両眼 342,100円
ReSTOR 両眼 280,500円
ReSTOR乱視用 両眼 342,100円
シンフォニー 両眼 280,500円
テクニスマルチ 両眼 280,500円