TOP > 手術までの流れ

多焦点眼内レンズによる白内障・老眼手術

手術までの流れ

多焦点眼内レンズの手術は、白内障のある方が前提となります。
まずは適応検査に来院して頂き、詳しく検査・診察したうえで、手術適応かどうか判断いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

手術の流れ

電話でご予約のうえ、お越しください

混雑を避け、待ち時間を少なくするためにあらかじめ電話予約をしたうえでご来院ください。

まず問診票をご記入ください

ご来院されて最初にあなたの目の状態や生活についての問診票を記入していただきます。
そのあと手術についてのかんたんな説明があります。

適応検査を受けていただきます

視力検査や眼底検査などを実施して、手術に必要な検査を行います。
検査結果によっては手術を行えない場合もあります。

医師が適応診断をします。手術が行えるかどうか、他の病気の可能性がないかをくわしく診察します。

医師と納得がいくまでじっくり話しあいましょう。

手術についてのカウンセリングがあります

手術方法や手術日が決まった段階で、所定の同意書を提出していただきます。
これは医師と患者さまの話しあいの結果を確認しあうためのものです。

同意書を提出します

手術方法や手術日が決まった段階で、所定の同意書を提出していただきます。
これは医師と患者さまの話しあいの結果を確認しあうためのものです。

手術当日

手術の痛みはほとんどありません

手術は両眼で30分程度です。点眼麻酔などにより、手術中に痛みを感じることはほとんどありません。

手術後はすぐに帰宅できます

手術が終われば、すぐに帰宅できます。手術当日は安静にしていることが理想です。なにか異常がありましたら、すぐに当院までご連絡ください。

翌日に診察・点滴があります

治療日の翌日には目の状況を見るために、必ず診察を受けていただきます。術後も定期的に検診に来て頂くことになります。きちんと検査を受けて医師から治療後の経過状況を聞いてください。自分から医師に目の状態を報告することも肝心です。また、術後の目薬もしっかり点眼してください。