TOP > 老眼とは

多焦点眼内レンズによる白内障・老眼手術

老眼とは

どうして老眼になるのか?

水晶体の弾力性が失われると、
老眼になります。

眼の中には、水晶体といわれるレンズ(単焦点レンズ)があります。単焦点とは、遠くと近く、そのどちらか一方にしかピントを合わせることができません。しかし水晶体は弾力性があり、眼の筋肉によって伸縮し厚みを変えることができます。厚くなることで近くを見たり、逆に薄くなることで遠くにピントを合わせたりなど、自在に変化することで私たちの目は遠くも近くも見ることができます。
40代後半になると、この水晶体はだんだんとその弾力性を失っていきます。すると、厚くなりにくくなり、近くのものが見えなくなってきます。これが「老眼」です。

このわずらわしい老眼を多焦点眼内レンズで治療することができます!